コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿南惟幾 あなみこれちか

6件 の用語解説(阿南惟幾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿南惟幾
あなみこれちか

[生]1887.2.21. 東京
[没]1945.8.15. 東京
陸軍軍人。 1918年,陸軍大学校を卒業後,侍従武官,歩兵第2連隊長,陸軍省人事局長,第 109師団長,陸軍次官などを歴任する。軍内部の派閥抗争を嫌って無派閥で通し,二・二六事件後の粛軍 (皇道派を一掃する陸軍大改造) の際には,公平さを買われて人事異動を担当した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阿南惟幾【あなみこれちか】

陸軍大将。大分県出身。1918年陸大卒。侍従武官,陸軍省人事局長などを経て1939年陸軍次官となり,日独伊三国同盟に反対する米内光政内閣の倒閣を画策,総辞職に追い込んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿南惟幾 あなみ-これちか

1887-1945 明治-昭和時代前期の軍人。
明治20年2月21日生まれ。陸軍省人事局長,陸軍次官などを歴任。昭和18年陸軍大将となり,20年鈴木貫太郎内閣の陸相に就任。本土決戦をとなえ,ポツダム宣言の条件つき受諾を主張。昭和20年8月15日割腹自殺した。59歳。東京出身。陸軍大学校卒。
【格言など】大君の深き恵みに浴(あ)みし身は言ひ遺(の)こすべき片言もなし(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あなみこれちか【阿南惟幾】

1887‐1945(明治20‐昭和20)
陸軍軍人(大将)。大分県出身。陸軍士官学校(18期),陸軍大学校卒。参謀本部部員,陸軍省兵務局長などを経て,1939年に陸軍次官となり,日独伊三国同盟締結のため米内光政内閣の倒閣を画策,畑俊六陸相を辞職させて同内閣を総辞職に追い込んだ。その後,第2方面軍司令官などを経て45年4月に鈴木貫太郎内閣の陸相に就任。ポツダム宣言受諾問題では国体護持のための徹底抗戦を主張して政府内の和平派と対立した。8月15日未明に自殺。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あなみこれちか【阿南惟幾】

1887~1945) 第二次大戦終戦時の陸軍大臣。陸軍大将。東京生まれ。ポツダム宣言受諾にあたり条件付き受諾を主張。終戦の日に割腹自決。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿南惟幾
あなみこれちか
(1887―1945)

陸軍軍人、陸軍大臣。東京に生まれる。陸軍士官学校、陸軍大学校卒業。参謀本部員、東京幼年学校長、陸軍省兵務局長などを経て日中戦争中の1938年(昭和13)11月、第一〇九師団長となり、中国山西(さんせい/シャンシー)省で戦闘を指揮した。1939年10月から1941年4月まで、陸軍次官として国家総動員体制を中心とする戦時国策の策定に関与した。太平洋戦争中は第一一軍司令官、第二方面軍司令官として中国大陸、北豪州で作戦を指揮し、ついで航空総監兼航空本部長となった。1945年4月、鈴木貫太郎内閣の陸相として入閣、最高戦争指導会議で、「死中活を求めれば戦局好転の公算もありうる」との立場をとり本土決戦を準備し、降伏決定を遅らせた。同年(昭和20)8月15日、戦局判断を誤ったとして割腹自殺を遂げた。[佐々木隆爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿南惟幾の関連キーワード牛島満児島惣次郎鈴木孝雄土岐熊雄南部辰丙西原茂太郎仁田原重行畑英太郎山岡熊治アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿南惟幾の関連情報