金ぴか物(読み)キンピカモノ

デジタル大辞泉の解説

きんぴか‐もの【金ぴか物】

歌舞伎で、大時代(おおじだい)な狂言俗称。登場人物が金襴(きんらん)などの衣装をつけ、道具にも金襖(きんぶすま)などを用いるところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんぴかもの【金ぴか物】

大時代おおじだいな歌舞伎狂言をいう語。登場人物が錦襴きんらんなどの光る衣装を着て登場し、また道具立ても金色のものを使うことからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android