金めっき(読み)きんめっき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金めっき
きんめっき

金属材料の表面に薄い金の層を付着させること、また付着させたものをいう。従来装飾に用いられてきたが、耐食性がきわめて高く、電気抵抗が小さく、はんだ付け性がよい、などの優れた特性により、最近では電気接点、コネクター、プリント基板などとして、高い信頼性を必要とする電子部品に適用されている。電気めっき浴としては、シアン錯塩と遊離シアン化アルカリとからなるシアンアルカリ浴、リン酸塩あるいはキレート剤などの中性緩衝溶液に金シアン錯塩を添加した中性浴、カルボン酸などの有機酸およびそのアルカリ金属塩からなる弱酸性緩衝溶液に金シアン錯塩を添加した酸性浴などがある。このうち酸性浴は、高電流密度電解が可能で厚めっきが得られることと、めっき層が平滑かつ緻密(ちみつ)でピンホール(針の先で突いたような孔(あな))がほとんどなく耐食性がよいことから工業用めっき浴として広く用いられている。めっき層の耐摩耗性を改善するために金‐ニッケル合金などの金合金めっきも行われている。[杉本克久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金めっきの関連情報