コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気接点 でんきせってんelectric contact

2件 の用語解説(電気接点の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気接点
でんきせってん
electric contact

継電器 (リレー) や温度調節器などで導体の接触,離脱により電流を断続させる部分をいう。接点部は電流を切る際に生じるアークによって損傷しやすいので,その材料には電気および熱の良導体接触抵抗が小さく,融点および気化点が高く,酸化による変質が少く,かつ,硬くて摩耗しないものが要求される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんきせってん【電気接点 electric contact】

スイッチ,リレー,遮断器,接触器など,電気回路を開閉する装置の中で直接開閉の役目をする部品で,例外を除いて接点で電流を切ったり入れたりする。もっとも多く使われる形式の開閉接点は,対象とする電流,電圧,開閉回数によって大きさ,形,材料,接触力,開離速度などが大きく異なり,通信用と電力用とに分かれる。開閉接点は二つの金属片を機械的につけたり離したりするきわめて単純な構成のものであるが,そこで生ずる現象はさまざまである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電気接点の関連情報