金健瑞(読み)キム・ゴンソ

朝日日本歴史人物事典の解説

金健瑞

生年:生没年不詳
朝鮮王朝後期の官人。日本語読みは「きん・けんずい」。倭学訳官として活躍。正祖20(1796)年,朝日辞書『捷解新語文釈』を著す。また曾祖父慶門が編んだ『通文館志』の交隣関係部分に増補・改定を加えて,純祖2(1802)年ごろ『増正交隣志』を上梓同書は朝鮮の側からみた朝日関係の沿革や,当時の朝鮮国内の制度を知る基本史料。

(鶴田啓)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android