改定(読み)カイテイ

デジタル大辞泉の解説

かい‐てい【改定】

[名](スル)法律・制度など以前のものを改めて新しく定めること。「条約を改定する」「運賃改定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐じょう ‥ヂャウ【改定】

〘名〙
① 職などをやめさせること。改易。
※吾妻鏡‐文治五年(1189)五月二二日「如此被仰下候之上、自宮仰給て候へは、於地頭職者、無左右改定候訖」
※色葉字類抄(1177‐81)「改定 評定部 カイチャウ」
※中華若木詩抄(1520頃)上「天下の法をも数ケ条改定することあるぞ」

かい‐てい【改定】

〘名〙 改め定めること。きまりなどを改めること。直して新しくきめること。かいじょう。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「北日耳曼聯邦の規約を改定し」 〔曹植‐与楊徳祖書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android