金児禎三(読み)かねこ ていぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金児禎三 かねこ-ていぞう

1917-1994 昭和-平成時代の表具師。
大正6年5月1日生まれ。父について修業。襖(ふすま),掛け軸,屏風(びょうぶ),織物などをあつかい,東京谷中全生庵の織田信長書状,神奈川県秦野図書館の前田夕暮(ゆうぐれ)の書の軸装などを手がけた。東京都荒川区無形文化財保持者。平成6年3月27日死去。76歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android