コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金婚漬(け) キンコンヅケ

デジタル大辞泉の解説

きんこん‐づけ【金婚漬(け)】

ウリの芯をくりぬき、ダイコンやニンジン・ゴボウ・シソなどを昆布で巻いて詰め込み、味噌もろみに漬けた食品。古くなるほど美味という。岩手県花巻地方の名産

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の金婚漬(け)の言及

【漬物】より

…函館地方の大沼カブを使った千枚漬などもある。(2)東北 秋田のいぶり沢庵,なた漬,山形の青菜(せいさい)漬,小ナスのからし漬,仙台の長ナス漬,岩手の金婚漬,福島の三五八(さごはち)漬などが知られる。いぶり沢庵はいろりの上の天井につるして薫製のようになったダイコンをぬか漬にしたもので,独特の香りがある。…

※「金婚漬(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金婚漬(け)の関連キーワード金瓜漬け

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android