金属光沢(読み)キンゾクコウタク

  • きんぞくこうたく ‥クヮウタク
  • きんぞくこうたく〔クワウタク〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 金属のよく磨いた表面や切断面などに見られる、金属特有の強い光沢。光の反射率が大きい。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の金属光沢の言及

【光沢】より

…一般には反射光の強度が大きいほど光沢は高くなり,金属が高い光沢を示すのも,その表面の反射率が高く反射光の強度が大きいことに基づいている。金属の光沢を金属光沢というが,金属光沢のもう一つの特徴は,金や銅などの選択吸収をするものでは特有の色を与えることである。金属以外の物質の光沢についてはガラス光沢,樹脂光沢,真珠光沢など代表的なものの名で呼ばれているものが多い。…

【鉱物】より

…この現象は鉱物の光沢として明瞭に認められる。すなわち鉱物表面において可視光線が大部分反射される場合は,金属の表面で観察されると同様な光沢,すなわち金属光沢を示す。金属鉱物,多くの金属の硫化鉱物などの示す光沢である。…

※「金属光沢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金属光沢の関連情報