コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金沢青かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

金沢青かぶ

石川県加賀地方で生産されるカブ。実の形は偏平で、肉質は固め。地上部が緑色であることから「青かぶ」と呼ばれる。加賀地方で古くから栽培されてきた在来種。伝統料理のかぶら寿司などに用いられる。「加賀青かぶら」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

金沢青かぶ[根菜・土物類]
かなざわあおかぶ

北陸甲信越地方、石川県の地域ブランド。
主に石川郡野々市町で生産されている。加賀地方の在来種。偏円形の青丸首太かぶ。かための肉質で、歯ごたえと香りがある。11月上旬から12月下旬に出荷される。北陸の正月料理・かぶらずしに用いられる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android