コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金糸・銀糸 きんし・ぎんし

百科事典マイペディアの解説

金糸・銀糸【きんし・ぎんし】

金,銀または金色銀色の金属の箔(はく)を和紙に張り,これを細長く裁断して綿糸絹糸などに巻きつけたもの。金襴(きんらん),銀襴や錦(にしき)に織ったり,刺繍(ししゅう)糸として用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

金糸・銀糸の関連キーワード金華山織り・金華山織サリー(民族衣装)ブライト・ワーク金糸銀糸装飾刺繍石見神楽衣裳桐生横振刺繍ブロケード金鈴塚古墳化粧回し金華山織織交ぜる荒磯模様伊予万歳日本刺繍ボタン香川県色打掛紗刺し雁皮紙根掛け

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android