コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金釘の樹 カナクギノキ

デジタル大辞泉の解説

かなくぎ‐の‐き【金×釘の樹】

クスノキ科の落葉小高木。山地に生え、樹皮は黄白色で、老樹でははがれやすく、鹿の子模様となる。葉は細長く、裏面はやや白い。雌雄異株で、晩春、淡黄色の小花が集まってつく。実は赤く熟す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

金釘の樹の関連キーワードクスノキ科

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android