金銀泥下絵和歌巻(読み)きんぎんでいしたえわかまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金銀泥下絵和歌巻
きんぎんでいしたえわかまき

金泥銀泥で描かれた下絵の上に,『古今集』『新古今集』などの和歌を散らし書きにした巻物。特に慶長~元和期 (17世紀初頭) 頃に制作された,宗達派の下絵に光悦流の書が調和した巻物をさす。俵屋宗達の下絵は平安時代以来の料紙装飾の伝統のうえに立ちながらも,造形性,装飾性の面で独創的。『四季草花図』 (畠山美術館) ,『鹿図』 (MOA美術館,シアトル美術館) ,『蓮図』 (東京国立博物館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android