コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜揚げ饂飩 かまあげうどん

2件 の用語解説(釜揚げ饂飩の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かまあげうどん【釜揚げ饂飩】

ゆでたてのうどんを釜からあげて、ゆで汁とともに器に入れ、つゆをつけて食べるもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

かまあげうどん【釜揚げ饂飩】

ゆでたてのうどんを釜からあげ、水で締めずにそのままつけ汁につけながら食べるうどん。ゆで汁ごと、または新しい湯に入れ、小型のおけなどの器に入れて出すことが多い。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釜揚げ饂飩の関連キーワード饂飩掛け饂飩讃岐饂飩焼き饂飩釜揚饂飩茹で釜卵/釜玉釜卵饂飩/釜玉饂飩笊饂飩蒸籠饂飩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone