釣・吊(読み)つり

精選版 日本国語大辞典の解説

つり【釣・吊】

[1] 〘名〙 (動詞「つる(釣)」の連用形の名詞化)
① つるすこと。引っかけて垂らすこと。また、ぶらさげること。
※歌舞伎・盲長屋梅加賀鳶(1886)七幕「さ、是れでも貴様白状せずば、此上は釣(ツリ)にかけるぞ」
② 物をつりさげるのに用いるものの総称。蚊帳のつり手やズボンつりなど。
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉三「細き麻糸を以てかくの如く骨に釣をかけたり」
③ 旗・幕・幟(のぼり)・帆などの縁にひもを通すためにつけられた環状のもの。乳(ち)
④ (釣)(━する) 釣り糸の先に結びつけた釣り針で魚を引っかけて捕えること。いおつり。うおつり。さかなつり。
※万葉(8C後)一七・三九五六「奈呉(なご)の海人の都里(ツリ)する舟は今こそば舟棚打ちてあへて漕ぎ出め」
⑤ (釣) 魚釣りの道具。
※太平記(14C後)三六「傍の浦の海人共、網を巻き釣(ツリ)を捨て」
⑥ 街頭で女を誘惑すること。おかづり。
浮世草子・色里三所世帯(1688)下「釣のいとは男のふんどしかかった事情の淵」
⑦ 相撲で、相手のまわしをつかんで、そのからだを宙にもちあげること。〔相撲講話(1919)〕
⑧ 「つりせん(釣銭)」の略。
※俳諧・口真似草(1656)一〇「りんりんとはねさせ駒や引ぬらん はかり目おもきつりにとる銭〈正種〉」
[2] 〘接尾〙
① 蚊帳・網・幕など、つりさげて用いるものを数えるのに用いる。
※浮世草子・西鶴織留(1694)一「町人にもかかる娵入蚊屋(よめいりかや)、〈略〉此一釣(ツリ)に弐貫六百目入ける」
② 蚊帳の大きさを示すのに、上に畳数を添えて用いる。
※浮世草子・世間胸算用(1692)五「二畳釣(ツリ)の蚊屋出して」

つ・る【釣・吊】

[1] 〘他ラ五(四)〙
① (吊) 上の物にかけてぶらさげる。つるす。
※竹取(9C末‐10C初)「こにのりてつられのぼりて」
② ひっかけて上にあげる。引きよせてあげる。
※大慈恩寺三蔵法師伝院政期点(1080‐1110頃)一「深きを鉤(ツリ)遠きを致し」
③ 魚や虫などを釣り針や糸にひっかけて取る。
※万葉(8C後)五・八五五「松浦川(まつらがは)川の瀬光り鮎都流(ツル)と立たせる妹が裳の裾濡れぬ」
④ 気を引く物を見せたり与えたりしておびきよせる。さそいだす。
※虎明本狂言・釣狐(室町末‐近世初)「きけばわごりょは此間きつねをつるときひたによって」
⑤ 期待させる。気を持たせる。
※咄本・軽口露がはなし(1691)三「とてもならぬ事ならば、七日迄つらずとも」
⑥ 駕籠(かご)などの乗り物をかついで宙に上げる。舁(か)く。
※浮世草子・好色一代女(1686)一「毎日楽乗物つらせて出られしに」
⑦ 高いところにわたしかける。かけ渡す。
※普賢(1936)〈石川淳〉五「棚を吊ってくれたり」
⑧ 相撲で、相手のまわしに手をかけて、そのからだを宙に持ち上げる。
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉常陸、梅時代から太刀、駒時代へ「梅も左には褌(まはし)を取り、右に敵の左を捲込み、吊らば、出腹ではじかうと」
[2] 〘自ラ五(四)〙 (「攣」とも)
① 一方に引かれて寄る。引かれちぢむ。筋肉などが収縮する。ひきつる。
※日葡辞書(1603‐04)「スヂガ tçuru(ツル)
② 一方の端が上へあがる。上に向く。つりあがる。
※大塩平八郎(1914)〈森鴎外〉五「濃い、細い眉は弔(ツ)ってゐるが」
③ つながる。
※浄瑠璃・釜淵双級巴(1737)道行「其身は格別忰が苦痛、又外外へどうつって誰が悲しみにならふやら」
[3] 〘自ラ下二〙 ⇒つれる(釣)

つるさ・る【釣・吊】

[1] 〘自ラ五(四)〙 上からつるした状態になる。つり下がる。ぶらさがる。
雑俳柳多留‐三(1768)「ひしこの直つるさってする縄すだれ」
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「この部屋が宙に吊るさってゐるやうな気がして」
[2] 〘他ラ四〙 つり下げる。ぶらさげる。
※雑俳・柳多留‐九(1774)「年玉をつるさって出すはさみ箱」

つ・れる【釣・吊】

〘自ラ下一〙 つ・る 〘自ラ下二〙
① (「攣」とも) 一方に引かれて寄る。ひきつる。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「女は髷に結ふと、ここが釣れますから誰でも禿げるんですわ」
② (「攣」とも) ひきつった状態になる。
※樹影(1972)〈佐多稲子〉三「今日の気胸の針のあとに痛みが残ってそこが吊れるような気がした」
③ (「つる(釣)」の可能動詞から) 魚がとれる。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉五「けふは、お竹の静かにして居たるゆゑ、魚もよくつれたることを告げ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android