釣付・吊付(読み)つりつける

精選版 日本国語大辞典「釣付・吊付」の解説

つり‐つ・ける【釣付・吊付】

〘他カ下一〙 つりつ・く 〘他カ下二〙
① つるし上げてぶら下げる。
打聞集(1134頃)慈覚大師入唐間事「人を縛しては上つり付」
を見せて引き寄せる。希望をもたせてのばす。釣り寄せる。
※浄瑠璃・敵討御未刻太鼓(1727)馬揃へ「明神につりつけられ、寒晒しになる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android