コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打聞集 うちぎきしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

打聞集
うちぎきしゅう

平安時代後期の仏教説話集長承3 (1134) 年に僧栄源が書写した下巻のみが現存。成立は少し前で,僧の講説を打聞くままに筆録したものとされる。内容はインド,中国,日本の仏教に関する説話 27条から成るが,そのうち『今昔物語集』にある話が 21話に及ぶほか,『宇治拾遺物語』と9話が一致するなど,当時の有名な話を集めている。仏道初心者に対する説経の材料として編纂されたものと思われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うちぎきしゅう〔うちぎきシフ〕【打聞集】

平安末期の仏教説話集。下巻だけ、長承3年(1134)の写本が現存する。作者未詳。漢字片仮名交じりの文体で書かれ、インド・中国・日本の説話27編を収録。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

打聞集【うちぎきしゅう】

平安後期の仏教説話集。現存するのは下帖1巻のみで,天台宗の僧栄源による転写本。インド・中国・日本を舞台とする説話を27話収めており,《今昔物語集》《宇治拾遺物語》などと共通する説話が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うちぎきしゅう【打聞集】

平安末期の仏教説話集。大正末年,滋賀県の金剛輪寺で発見,紹介された。1巻。表紙に〈打聞集下帖〉とあり,上巻あるいは上・中巻が失われている。編者および成立年時は未詳であるが,表紙に〈長承三年甲寅〉〈桑門栄源〉の記載がある。本文と同筆で,本文に誤写や訂正が見られることから,1134年(長承3)に栄源が祖本を書写したもので,原本はこのときからそれほどへだたらないころに成立したものと考えられる。目録に記された27話のほか,《大鏡》《大和物語》からの抄出,および覚書らしい断片的記事とからなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うちぎきしゅう【打聞集】

説話集。下巻だけ現存。作者未詳。1134年以前に成立。インド・中国・日本三国の仏教霊験譚二七話を収録。同一の説話が「今昔物語集」「宇治拾遺物語」などにみえる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

打聞集
うちぎきしゅう

平安後期の仏教説話集。下巻のみ残存の孤本。主として、仏法の霊験(れいげん)と仏教史上著名な僧の行跡を語る説話27条を収録する。これに、天台僧たちに関する簡略な伝記的記事、『大鏡』および『大鏡裏書』からの抄出を付載する。1134年(長承3)ころ天台宗寺院で成立か。表紙の署名「栄源」が編者か。ほとんどの説話が『今昔(こんじゃく)物語集』『梅沢本古本説話集』『宇治拾遺(うじしゅうい)物語』と共通し、それらの祖となった説話集、おそらく散逸した『宇治大納言(だいなごん)物語』からの引用であろう。説法などのための備忘録として編まれたとみられ、表現は簡略であるが、説話の利用方法の実態を示すものとして意義をもつ。特異な漢字表記を含む片仮名交じり文で、日本語資料としても有用である。[森 正人]
『中島悦次著『打聞集』(1961・白帝社) ▽打聞集を読む会編『打聞集 研究と本文』(1971・笠間書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

打聞集の関連キーワード和漢混交文姥捨山伝説説話文学中院通秀大和綴源隆国