鈍付(読み)どんつく

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① (形動) にぶいこと。愚鈍なこと。また、そのさまやその人。のろま。
※雑俳・柳多留‐三五(1806)「たいこ持さてどんつくでいけぬもの」
② 太神楽(だいかぐら)の相手をして、滑稽な役をつとめる道化役の者。
※歌舞伎・神楽諷雲井曲毬(どんつく)(1846)「オイ、どんつく、お主の国にゃア、こんな面白い事はあるめえの」
※評判記・嗚久者評判記(1865)「ふだん着なれたどんつくを、曲てこよひもしっぽりと」
[2] (どんつく) 歌舞伎所作事。常磐津。本名題「神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)」。三世桜田治助作。五世岸沢式佐作曲。西川巳之助振付。弘化三年(一八四六)江戸市村座初演。太神楽の曲毬と、これにからむ田舎者の下男どんつくの手踊を中心に、芸者、白酒売なども踊る仕抜きの舞踊。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android