コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワ

大辞林 第三版の解説

かわ【鈹】

硫化鉱石の製錬の際、鍰からみと分離される、いくつかの金属硫化物の溶け合ったもの。マット。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【マット】より

…硫化鉱の製錬において,鉱石中の脈石成分および鉄の一部分をスラグとして分離することを目的として行われる第1段目の溶錬の産物。鈹(かわ)ともいう。生ずるマットは鉄,銅,ニッケルと,硫黄との合金であり,溶融状態では均質な液体である。…

※「鈹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鈹の関連キーワード溶鉱炉・鎔鉱炉スパイス真吹きマット荒吹き粗銅刃針製錬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android