コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶鉱炉 ようこうろblast furnace

翻訳|blast furnace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶鉱炉
ようこうろ
blast furnace

鉱石錬用の竪型。英語の名称は羽口 (送風口) から圧風 (ブラスト) を送って吹錬することによる。鉄溶鉱炉は別項目の高炉としたのでここでは非鉄製錬溶鉱炉について述べる。溶鉱炉製錬が行われるのは銅,コバルト,ニッケル,鉛。炉の縦断面構造は鉄の高炉と類似し,炉頂部に原料装入口,炉腹下部に羽口,炉床底部に出湯口がある。横断面は高炉と違って円形とかぎらず,長方形,楕円形などである。銅の溶鉱炉は断面長方形で高さ約 6m,幅 1.2~1.5m,長さ 2.5~7.5m。炉底から約 1mの高さに羽口があり,ここから水銀柱 80mm (0.1気圧) ぐらいの圧風と,必要ならば粉炭または重油などを吹込む。銅以外の溶鉱炉はもっと小型である。装入原料は鉱石造滓溶剤,燃料で,鉱石は銅,コバルト,ニッケルは硫化鉱または硫砒鉱の原鉱のままか一部酸化した焙焼鉱,鉛では完全酸化焙焼鉱である。したがって産出物も前3者ではマットまたは砒かわ (ひかわ) で,鉛では粗鉛である。マットは次段の転炉などの製錬過程に送られ,粗鉛は精製過程 (→パークス法 ) に回される。アメリカ,カナダでは銅製錬に溶鉱炉はほとんど用いられず,反射炉製錬が主流である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ようこう‐ろ〔ヨウクワウ‐〕【溶鉱炉/×鎔鉱炉】

鉄・銅・鉛などの製錬に用いる立て型の炉。製鉄用のものは大きく、高炉という。炉頂から鉱石・燃料および融剤を装入し、下方の羽口(はぐち)から熱風を吹き込んで燃焼させ、炉底にたまる粗金属およびスラグを取り出す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

溶鉱炉【ようこうろ】

高炉

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

溶鉱炉
ようこうろ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の溶鉱炉の言及

【高炉】より

…溶鉱炉とも呼ばれ,炭素を用いて鉄鉱石から鉄を取り出すための反応装置である。取り出される鉄は1500℃前後の溶けた状態の銑鉄であり,製鋼用銑の場合には溶けたままの状態で製鋼工場に送られて鋼に変わる。…

※「溶鉱炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

溶鉱炉の関連キーワードグルベル‐ウォーゲ数アイアンブリッジ峡谷北海道函館市高岱町リョンソン(竜城)ステートカレッジウィルキンソン八幡製鉄所争議工業用テレビ大理石様皮斑火を入れるファーネスニールソン溶錬・熔錬フネドアラ樂樂福神社親鉄元素高炉ガス耐熱材料ペレット旧集成館

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溶鉱炉の関連情報