コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄砲運上(読み)てっぽううんじょう

大辞林 第三版の解説

てっぽううんじょう【鉄砲運上】

江戸時代、幕府・諸藩が特例として使用・所持を許可した民間の銃砲(狩猟・害獣駆逐用)に課した雑税。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鉄砲運上の言及

【運上】より

… 池運上池からの漁獲を見込んで持主に課すもの。 鉄砲運上狩猟を生業とする猟師銃とイノシシ,猿などの害獣を追い払う威(おどし)鉄砲に分けこれに課すもの。 帆別運上帆の数を基準に廻船に課すもの。…

※「鉄砲運上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android