コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛被ケーブル えんぴケーブル lead-covered cable

1件 の用語解説(鉛被ケーブルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉛被ケーブル
えんぴケーブル
lead-covered cable

ケーブル心線が湿気の影響を受けないようにケーブルの外面を鉛 (スズ 2.2~2.8%を含む合金鉛) で被覆したもの。架空,地中ともに使われる。かつては絶縁に紙を用いたところから鉛被がほとんどであったが,最近ではアルミ被覆ケーブルの技術向上により,それに取って代られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉛被ケーブルの関連キーワード同軸ケーブルUTPメタルケーブルOFケーブル非磁性鋼気密地下ケーブルマーケットニュートラル無装荷ケーブル輸送用保護具

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone