湿気(読み)シッキ

大辞林 第三版の解説

しっき【湿気】

しめりけ。しっけ。

しっけ【湿気】

しめりけ。しっき。 「 -を嫌う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しけ・る【湿気】

〘自ラ五(四)〙 =しける(時化)
※三ちゃんも三ちゃんや(1971)〈古山高麗雄〉一「ピーナッツはしけっていて、まずかったけど」

しっ‐き【湿気】

〘名〙
① しめった空気。また、空気や物に含まれている水分。しめりけ。しっけ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※門(1910)〈夏目漱石〉二三「地面からも、屋根からも、春の記憶を新にすべき湿(シッキ)がむらむらと立ち上った」 〔倶舎論‐八〕
② 比喩的に、話の内容などが暗く涙をさそうようにしめっぽいこと。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一〇「謎の女の云ふ事は次第に湿気(シッキ)を帯びて来る」

しっ‐け【湿気】

[1] 空気その他の物に含まれている水分。しめりけ。しっき。
※信心録(ヒイデスの導師)(1592)一「クサ、キ ワ ツチ ノ xicqe(シッケ)、アメ、ツユ ノ メグミヲ モッテ セイヂャウ スル モノ ナリ」
[2] 〘形動〙 しめりけのあるさま。
※玉塵抄(1563)一一「湿生はみぞやしっけな所に生」

しつ‐け【湿気】

〘名〙 梅毒(ばいどく)。湿毒。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第二一「しつけのふかひ多門天也 鼻声の彌勒の出世待ほどに」

しっ・ける【湿気】

〘自カ下一〙 湿気を含む。しめる。しける。
※道草(1915)〈夏目漱石〉三一「書類は〈略〉風の通らない湿気(シッケ)た所に長い間放り込んであった所為か」

しめり‐け【湿気】

〘名〙 しっき。しっけ。しめりっけ。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉五「紙をけだたしめず、且しめりけを透さざる故に、敷紙包み紙茶づつなどには、甚だ必用の品なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湿気の関連情報