コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀杏切り イチョウギリ

デジタル大辞泉の解説

いちょう‐ぎり〔イチヤウ‐〕【銀杏切り】

大根・人参などを縦四つに切り、さらにそれを端から横に薄く切ること。また、その切ったもの。イチョウの葉の形に似る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いちょうぎり【銀杏切り】

料理で、大根にんじんなどを縦十文字四つ切りにし、小口から適当な厚さに切ること。◇切った形がいちょうの葉に似ていることから。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

いちょうぎり【銀杏切り】

大根・人参などを薄く輪切りにしてさらに十文字に包丁を入れたもの。形がイチョウの葉に似る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

銀杏切りの関連キーワード日本料理/おもな調理用語輪切り包丁

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android