小口(読み)こぐち

精選版 日本国語大辞典「小口」の解説

こ‐ぐち【小口】

〘名〙
① 切ったところ。切り口。切断面。横断面。切れ端。
※咄本・高笑ひ(1776)虚空「『御月さまはそばで見たら、どれほど有らうの』『あれは十方もなく長い物だ』『何さ丸いによ』『何さあれはこぐちだ』」
② 物事のはじまり。きっかけ。いとぐち。はじめ。
※浮世草子・男色十寸鏡(1687)上「いかな男をもこぐちからひとのみにしてのあいさつ也」
③ 小区分。小さな分け方。わずかなところ。小さな部分。
④ 奉書、書物などの紙の切り口。書物の背の部分以外の三方をいい、上・下を天・地、背の反対のところを前小口という。
※実隆公記‐文明一七年(1485)二月一〇日「三十冊一帖々々の小口にいろは文字書之」
⑤ ものの端。先端。
※滑稽本・古朽木(1780)二「新川新堀の問屋の数、両岸の蔵の小口(コグチ)にても知るべし」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「葱を小口(コグチ)からざくざくに切って」
⑥ 小さな口。物を食べるときなどの小さな口つき。
※日葡辞書(1603‐04)「Coguchini(コグチニ) クウ〈訳〉少しずつ食べる」
⑦ 小さな入口。また、ほんの入口のところ。
※長唄・越後獅子(1811)「室の小口に昼寝して」
⑧ 少しの量。金などの少額。
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)八「何と御覧じたか。身動きならぬ此一通。ちょっと小口(こぐち)がこんな物さ」
⑨ 取引関係で、少額の売買取引をいう。〔取引所用語字彙(1917)〕
⑩ 江戸時代、江戸の町方に政令が順達される順序として、最初に通達を受けることにきめられている名主組合。〔市中取締類集‐名主取締之部八冊之内一・四・天保一四年(1843)正月一一日〕
⑪ ちょっとした弁才のある口ぶり。→小口をきく
※紫式部日記(1010頃か)寛弘七年正月一五日「うへは、御直衣、こくち奉り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小口」の解説

こ‐ぐち【小口】

切った所。切断面。切り口。
書物の、の部分を除いた三方の辺。上辺の天、下辺の地、背の反対側の前小口のこと。また、特に前小口をいう。
事の始まり。端緒。いとぐち。「話の小口
扱う金額・数量の少ないこと。「小口の預金」⇔大口
虎口(こぐち)」に同じ。
小口袴(こぐちばかま)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android