コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀杏/公孫樹/鴨脚樹 イチョウ

4件 の用語解説(銀杏/公孫樹/鴨脚樹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちょう〔イチヤウ〕【銀杏/公樹/鴨樹】

イチョウ科の裸子植物。一科一種。落葉高木で、高さ約30メートルに達する。葉は扇形で中央に裂け目があり、秋に黄葉する。雌雄異株。春、葉の付け根に、尾のような雄花、柄のある2個の胚珠(はいしゅ)をもつ雌花をつけ、4月ごろ受粉し、9月ごろ精子によって受精が行われる。果実は丸く、外種皮は熟すと黄橙(おうとう)色で、内種皮は白い殻となって種子を包む。種子は銀杏(ぎんなん)とよばれ、食用。幹や枝から気根を垂らすことがあり、乳(ちち)の木ともいう。中国の原産で、盆栽や街路樹に多用され、材は碁盤・将棋盤などに使われる。 黄葉=秋 花=春》「―散る遠くに風の音すれば/風生
鏃(やじり)の一種。イチョウの葉の形をしたもの。
銀杏頭(いちょうがしら)」の略。
紋所の名。イチョウの葉を図案化したもので、多くの種類がある。
[補説]江戸時代以来、語源を「一葉」と考え、歴史的仮名遣いを「いてふ」としてきたが、「鴨脚」の宋音ヤーチャオに由来するもので、「いちゃう」が正しいとする。

ぎん‐なん〔‐アン〕【銀×杏】

《「ぎんあん」の連声(れんじょう)。「あん(杏)」は唐音
イチョウの別名。
イチョウの実。黄色で悪臭のある外種皮を土に埋めておくなどして取り去り、内部の核の仁(じん)を食用とする。 秋》「―が落ちたる後の風の音/汀女

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

銀杏【ぎんなん】

イチョウの種子をいう。悪臭のある肉質黄褐色の外種皮におおわれ,内種皮は堅く白色でこの内部の胚乳を食用とする。特有の風味があり,内種皮のままいったり,割って渋皮を除いて加熱して食し,酒のさかな,茶碗蒸し,寄鍋のあしらい,銀杏飯などにする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぎんなん【銀杏】

〔「ぎんあん」の連声〕
イチョウの別名。
イチョウの種子。食用にする。 [季] 秋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀杏/公孫樹/鴨脚樹の関連キーワード顕花植物種子植物胚珠裸子植物主根錦静鳥南洋杉連福草岩銀杏原裸子植物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone