銀杏/公孫樹/鴨脚樹(読み)イチョウ

デジタル大辞泉の解説

いちょう〔イチヤウ〕【銀杏/公樹/鴨樹】

イチョウ科の裸子植物。一科一種。落葉高木で、高さ約30メートルに達する。葉は扇形で中央に裂け目があり、秋に黄葉する。雌雄異株。春、葉の付け根に、尾のような雄花、柄のある2個の胚珠(はいしゅ)をもつ雌花をつけ、4月ごろ受粉し、9月ごろ精子によって受精が行われる。果実は丸く、外種皮は熟すと黄橙(おうとう)色で、内種皮は白い殻となって種子を包む。種子は銀杏(ぎんなん)とよばれ、食用。幹や枝から気根を垂らすことがあり、乳(ちち)の木ともいう。中国の原産で、盆栽や街路樹に多用され、材は碁盤・将棋盤などに使われる。 黄葉=秋 花=春》「―散る遠くに風の音すれば/風生
鏃(やじり)の一種。イチョウの葉の形をしたもの。
銀杏頭(いちょうがしら)」の略。
紋所の名。イチョウの葉を図案化したもので、多くの種類がある。
[補説]江戸時代以来、語源を「一葉」と考え、歴史的仮名遣いを「いてふ」としてきたが、「鴨脚」の宋音ヤーチャオに由来するもので、「いちゃう」が正しいとする。

ぎん‐なん〔‐アン〕【銀×杏】

《「ぎんあん」の連声(れんじょう)。「あん()」は唐音
イチョウの別名。
イチョウの実。黄色で悪臭のある外種皮を土に埋めておくなどして取り去り、内部の核の仁(じん)を食用とする。 秋》「―が落ちたる後の風の音/汀女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

銀杏【ぎんなん】

イチョウの種子をいう。悪臭のある肉質黄褐色の外種皮におおわれ,内種皮は堅く白色でこの内部の胚乳を食用とする。特有の風味があり,内種皮のままいったり,割って渋皮を除いて加熱して食し,酒のさかな,茶碗蒸し,寄鍋のあしらい,銀杏飯などにする。外種皮はビロボールやイチョウ酸を含み,しばしばかぶれをおこす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぎんなん【銀杏】

〔「ぎんあん」の連声〕
イチョウの別名。
イチョウの種子。食用にする。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

銀杏 (イチョウ・ギンキョウ;ギンナン)

学名:Ginkgo biloba
植物。イチョウ科の落葉大高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎん‐あん【銀杏】

異制庭訓往来(14C中)「柘榴桃杏梅李梨鉛桃(くるみ)銀杏柏実」
※天正本節用集(1590)「銀杏 ギンアン」

ぎん‐きょう ‥キャウ【銀杏】

※元和本下学集(1617)「銀杏 イチャウ ギンキャウ」

ぎん‐なん【銀杏】

〘名〙 (「ぎんあん(銀杏)」の連声)
① 植物「いちょう(銀杏)」の異名。
▼ぎんなんの花《季・春》
※空華集(1359‐68頃)三「謝少室和尚恵銀杏栽於南陽方丈西園
※鳴雪俳句集(1926)〈内藤鳴雪〉春「銀杏(ギンナン)の花や鎌倉右大臣」
② イチョウの種子。悪臭のある肉質の外皮を除去して保存し、白い木質の殻を割って中の胚乳と胚を食べる。《季・秋》
※松屋会記‐久政茶会記・永祿二年(1559)四月二一日「菓子五種 こぶ、いりもち、きんなん、打くり、れゐし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android