コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀鍔/銀鐔 ギンツバ

2件 の用語解説(銀鍔/銀鐔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎん‐つば【銀×鍔/銀×鐔】

銀製の刀の鍔。また、銀で飾った鍔。
銀鍔焼き」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の銀鍔/銀鐔の言及

【金鍔】より

…やわらかくこねた小麦粉の薄い皮でアズキのつぶしあんを包むか,ようかん状に固めて方形に切ったつぶしあんに水溶きした小麦粉の衣をつけ,油をひいた平なべで焼いたもの。江戸前期,京都の清水坂に銀鍔(ぎんつば)と呼ばれる菓子があり,《雍州府志》(1684)によると,米粉をこねてアズキあんを包み,平なべで焼いたものであった。形が刀の鍔に似ていたためこの名があったといい,金鍔はその後身とされる。…

※「銀鍔/銀鐔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone