コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雍州府志 ようしゅうふし

4件 の用語解説(雍州府志の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雍州府志
ようしゅうふし

山城国 (京都府) の地理,沿革,寺社,風俗,産物,古跡,陵墓について記した地誌。 10巻 10冊。儒医黒川道祐撰。天和2 (1682) 年成立。貞享1 (84) 年の林信篤,人見竹洞の序をつけて,同3年自費出版

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雍州府志【ようしゅうふし】

江戸時代に刊行された山城国最初の総合的地誌。10巻。黒川道祐(くろかわどうゆう)著。1684年の成立。山城国を中国の雍州に擬して書名とし,建置沿革を記した後,形勝・郡名・城地・風俗・山川・神社・寺院・土産・古蹟・陵墓に分け,漢文で記述する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ようしゅうふし【雍州府志】

江戸時代に刊行された山城国に関する最初の総合的地誌。著者は黒川道祐。全10巻で,自序は1682年(天和2)と推定されるが,第10巻の刊年は86年(貞享3)。《大明一統志》にならい,京都の所在する山城国を中国の雍州に擬し,まず山城の地理,風土を概説し,次に神社門,寺院門,土産門,古迹門,陵墓門に分け,各部門ごとに山城8郡を順次詳説。とくに特産物や商工業を記した土産門は重要。【鎌田 道隆】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雍州府志
ようしゅうふし

山城(やましろ)国(京都府中・南部)の地誌。全10巻。1684年(貞享1)成立、86年刊。雍州は古代中国の首都であった洛陽(らくよう)の存する州名で、日本の京都に対して山城国をそれに擬して呼称したもの。著者は黒川道祐(どうゆう)。編輯(へんしゅう)の体裁を『大明(だいみん)一統志』に倣い、漢文を用い記述は詳細である。内容の順序は、山城国設置の由来から形勝、郡名、城地、風俗、山川、神社、寺院、土産、古跡、陵墓の10部門に分け、とくに土産の部はもっとも詳しく同国の特産物を尽くし、経済資料として優れている。『新修京都叢書(そうしょ)』第10巻、『続々群書類従』八に所収。道祐は安芸(あき)の人、林道春(どうしゅん)に学び古今に博通し、儒医として安芸藩に仕えた。後年京都に住し、1691年(元禄4)に没した。[平井良朋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雍州府志の関連キーワード軍書古版本初陳状初版小咄本漱石とその時代大枝山関(大江山関)噺本田阪灞山山城国分寺跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雍州府志の関連情報