コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗因 ソウイン

7件 の用語解説(宗因の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そういん【宗因】

西山宗因(にしやまそういん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宗因【そういん】

江戸前期の連歌師,俳人。姓は西山,名は豊一(とよかず)。宗因は主に連歌の号で,俳号は西翁,梅翁,一幽等。肥後八代(やつしろ)の加藤家に仕えて連歌の手ほどきを受け,里村昌琢に師事して連歌を修業した。
→関連項目鬼貫重頼素堂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

そういん【宗因】

1605‐82(慶長10‐天和2)
江戸前期の連歌師,俳人。姓は西山,通称は次郎作,名は豊一(とよかず)。宗因はおもに連歌の号で,俳号は一幽,西翁,梅翁,西梅花翁,野梅子,長松斎,忘吾斎等。庵号は向栄庵,有芳庵。肥後国八代(やつしろ)(現,熊本県八代市)の人。幼年時代から熊本釈将寺の僧豪信僧都に和歌を学び,1619年(元和5)15歳のころ八代城主加藤正方に仕えてからは,その感化で連歌をもたしなんだ。32年(寛永9)主家の改易によって浪人となり,主君の隠棲に従って上洛。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そういん【宗因】

西山にしやま宗因

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗因
そういん

西山宗因」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗因
そういん
(1605―1682)

江戸前期の連歌(れんが)師、俳人。姓は西山。俗名は次郎作、諱(いみな)は豊一(とよかず)。宗因は主として連歌の号で、俳諧(はいかい)では一幽(いちゆう)、西翁(さいおう)、西幽子(さいゆうし)、西梅花翁(にしばいかおう)、梅翁(ばいおう)などと号した。肥後国八代(やつしろ)(熊本県八代市)の生まれ。幼時から天台宗釈将寺の僧豪信僧都(そうず)に和歌などを学んだが、1619年(元和5)15歳のとき、連歌の好士八代城主加藤正方(まさかた)に仕えたのをきっかけに、連歌道にも志し、17歳から26歳までの9年間、京の里村昌琢(さとむらしょうたく)門に長期留学して連歌を修行した。1632年(寛永9)主家改易のため浪々の身となり、翌年上洛(じょうらく)、隠棲(いんせい)中の旧主に従うこと15年に及んだが、旧主が京を追われてのち、1647年(正保4)43歳で大坂天満宮連歌所宗匠に着任、月次(つきなみ)連歌を再興するなど功を積み、諸国に名声を馳(は)せた。しかし、相次ぐ身辺の不幸に深く無常を感じ、1670年(寛文10)66歳のとき、豊前小倉(ぶぜんこくら)(福岡県北九州市)の広寿山福聚(ふくじゅ)寺の法雲禅師のもとで出家、連歌所宗匠の座を一子宗春(そうしゅん)に譲り、もっぱら俳諧に遊ぶこととなった。
 連歌壇は、それに付属する形で俳諧の座を営んでおり、里村家に学んだ宗因も1647年(正保4)ごろから俳諧を始め、50年代のすえには同門の重頼(しげより)とともにかなり俳名を知られるに至ったらしい。当時の作風はまだ貞門風を脱しきれず平凡であるが、以後急激に新しみを加え、反貞門分子から熱烈な歓迎を受けて、1670年代には、大坂の西鶴(さいかく)、京の高政(たかまさ)、江戸の桃青(とうせい)(芭蕉(ばしょう))・松意(しょうい)ら多くの門人を擁する、いわゆる談林(だんりん)派の盟主となった。その俳風は、格に縛られない自由さ、素材の卑近さ、着想の奇抜さなどを特徴とするが、門人らに比べると連歌師の素養に引かれてか、概して穏健である。俳諧史上の存在意義は「上に宗因なくんば我々が俳諧今以(もっ)て貞徳(ていとく)の涎(よだれ)をねぶるべし。宗因は此道(このみち)の中興開山なり」(去来抄)という芭蕉の評に尽きる。天和(てんな)2年3月28日没、78歳。
 里人のわたり候ふか橋の霜
[乾 裕幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宗因の言及

【虚実】より

…この虚実を相対的にとらえる虚実相兼論に対し,荘子哲学を背景にして,〈虚〉を相対的次元を超えた絶対的根拠として虚実論を展開する者もあった。談林俳諧の総帥西山宗因の〈抑(そもそも)俳諧の道,虚を先として実を後とす。和歌の寓言,連歌の狂言也〉(《阿蘭陀丸二番船》)とか,その門下の岡西惟中の〈俳諧とはなんぞ。…

【談林俳諧】より

…伝統的な貞門俳諧に反抗して起こり,1670年代(延宝期)を中心に流行,蕉風俳諧の台頭とともに急速に衰えた過渡期の俳諧である。貞門のなまぬるい俳風や堅苦しい作法に不満をもつ人びとが,連歌の余技として解放的・遊戯的な俳諧を楽しんでいた,大坂天満宮の連歌所宗匠西山宗因を盟主とし,一派を成したもので,宗因流,またその俳号から梅翁(ばいおう)流ともいう。談林とはもと僧侶の学寮をいい,初めに江戸の松意(しようい)一派がそれを名のったが,のちに宗因をいただく諸派の俳諧の総称となった。…

※「宗因」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宗因の関連キーワード北村湖南里邨昌億夕陽庵弘永里村昌億瀬川昌佐土橋宗静土屋永輔西山宗春山田通故山田通孝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宗因の関連情報