コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀高 ギンダカ

デジタル大辞泉の解説

ぎん‐だか【銀高】

江戸時代上方では銀貨本位であったところから》金高(きんだか)。金額。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎんだか【銀高】

(近世、上方で)金高。金額。 「負ふた門は七八軒、-僅か一貫目余り/浄瑠璃・生玉心中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

銀高の関連キーワード伏見屋四郎兵衛海舶互市新令海舶互市新例入り帳・入帳陝西(省)朝来(市)幸阿弥家唐人屋敷家質会所生玉心中雑物替掛屋

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android