銀高(読み)ぎんだか

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎん‐だか【銀高】

〘名〙
① (江戸時代、上方では銀貨本位であったところから) =きんだか(金高)
※浄瑠璃・生玉心中(1715か)上「銀高わづか一貫目余り」
② 取引市場で、銀塊相場があがること。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報