コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錆納戸 さびなんど

色名がわかる辞典の解説

さびなんど【錆納戸】

色名の一つ。ややくすんだ薄い紺色。わずかにみがかっている。この場合の「錆」は本来の色合いをみにくすませた色の形容として用いている。したがって江戸時代に流行した納戸色のバリエーションと考えられる。錆を形容として用いた色名には、ほかに錆浅葱あさぎなどがある。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

錆納戸の関連キーワードバリエーション江戸時代赤錆色錆色形容色名

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android