コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納戸色 なんどいろ

4件 の用語解説(納戸色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

なんどいろ【納戸色】

色名の一つ。御納戸色ともいう。JISの色彩規格では「つよいみの」としている。一般に、あいの鈍い青の伝統色のこと。江戸時代、奢侈しゃし禁止令により染色の色が制限されたなかで茶色系統、鼠色系統、納戸色を含む紺色系統は許されたとされるほど、ポピュラーな色であった。納戸とは屋内に設けられた収納部屋のことで、衣類、調度、家具、寝具などを入れておいた。寝室として使用することもあった。色名の由来は「納戸の暗がりの色」「城の納戸に掛けた垂れ幕の色」など諸説あり、はっきりしない。錆納戸さびなんど藤納戸ふじなんどなどのほか、多くの派生した色がある。現代でも和服の色として根強い人気がある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんど‐いろ【納戸色】

藍染めの一つで、緑色を帯びた青色。江戸城内の、納戸の垂れ幕ふろしきに用いられた。お納戸色。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんどいろ【納戸色】

緑みのかかったくすんだ藍あい色。江戸後期に流行。おなんどいろ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

納戸色
なんどいろ

色名。「おなんど」ともいい、暗い藍(あい)色。江戸時代、幕府の納戸(物入れ)に使われた垂れ幕の色から名づけられたとされている。納戸色に紫みを帯びたものを藤(ふじ)納戸とか桔梗(ききょう)納戸、赤黒みがあるものを鉄納戸、くすんだ色のものを錆(さび)納戸とよんだ。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

納戸色の関連キーワードブロンズ柿色グラスグリーン錆納戸藤納戸マルーン大納戸御納戸御納戸色鉄御納戸

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

納戸色の関連情報