コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錐貝 キリガイ

デジタル大辞泉の解説

きり‐がい〔‐がひ〕【×錐貝】

シチクガイ科の巻き貝。浅海にすむ。貝殻は細長く、殻高約10センチ。殻表は細かい顆粒(かりゅう)で覆われる。本州中部以南に分布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きりがい【錐貝】

海産の巻貝。殻は著しく細長く、直径8ミリメートル、長さ10センチメートルに達し、先が錐状に鋭くとがる。浅海の砂泥底にすむ。紀伊半島以南の暖海に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報