コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錐貝 キリガイ

デジタル大辞泉の解説

きり‐がい〔‐がひ〕【×錐貝】

シチクガイ科の巻き貝浅海にすむ。貝殻は細長く、殻高約10センチ。殻表は細かい顆粒(かりゅう)で覆われる。本州中部以南に分布

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きりがい【錐貝】

海産の巻貝。殻は著しく細長く、直径8ミリメートル、長さ10センチメートルに達し、先が錐状に鋭くとがる。浅海の砂泥底にすむ。紀伊半島以南の暖海に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

錐貝 (キリガイ)

学名:Triplostephanus triseriatus
動物。タケノコガイ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

錐貝の関連キーワード仲原遺跡暖海巻貝海産錐状

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android