コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂礫 サレキ

デジタル大辞泉の解説

さ‐れき【砂×礫】

砂と小石。しゃれき。
[補説]地質学では粒径が2~16分の1ミリメートルのものを砂、2ミリメートル以上のものを礫と呼ぶ。16分の1以下のものはシルトという。

しゃ‐れき【砂×礫】

されき(砂礫)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

されき【砂礫】

砂と小石。しゃれき。

しゃれき【砂礫】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

砂礫の関連キーワードルブー・アルハーリー砂漠氷河性鍋状陥没チシマギキョウペディメントタカネヒカゲカワラバッタ砂金・沙金ロパトカ岬リトープスコアジサシグロウアンボルソン豊橋平野岩石砂漠オンタデ地質学富士砂縞泥鰌東京層透水層

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂礫の関連情報