コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂礫 サレキ

デジタル大辞泉の解説

さ‐れき【砂×礫】

砂と小石。しゃれき。
[補説]地質学では粒径が2~16分の1ミリメートルのものを砂、2ミリメートル以上のものを礫と呼ぶ。16分の1以下のものはシルトという。

しゃ‐れき【砂×礫】

されき(砂礫)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

されき【砂礫】

砂と小石。しゃれき。

しゃれき【砂礫】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

砂礫の関連キーワードルブー・アルハーリー砂漠ミヤマムラサキ氷河性鍋状陥没ペディメントカワラバッタグロウアンロパトカ岬砂金・沙金リトープスコアジサシ岩石砂漠カウ砂漠ボルソン砂鉱床扇状地透水層東京層富士砂ハマダ伏流水

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂礫の関連情報