コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦切れ キンギレ

デジタル大辞泉の解説

きん‐ぎれ【錦切れ】

錦(にしき)の切れはし。
明治維新のころの官軍。また、その兵士。目印として肩にの切れをつけていたところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんぎれ【錦切れ】

にしきの切れ端。
明治維新の頃、官軍の兵士が目じるしとして肩につけた錦の切れ。また、官軍の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

錦切れの関連キーワード川名 完次切れ端