コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切れ キレ

デジタル大辞泉の解説

きれ【切れ】

[名]

㋐物の切れ端。「板の切れ」「布切れ
㋑(「布」「裂」とも書く)織物を切ったもの。また、織物。布(ぬの)。「木綿の切れ」「余り切れ(ぎれ)」
㋒書画などの、古人の筆跡の断片。断簡。「高野切れ(ぎれ)」「古筆切れ(ぎれ)」
刃物の切れぐあい。切れ味。「包丁の切れがにぶる」

㋐頭脳や技術の働きの鋭さ。「頭の切れのいい人」「技に切れがない」
㋑投げた球の曲がりぐあいの鋭さ。「カーブの切れがいい」
㋒さらっとして後に残らない口あたり。「切れのいいウイスキー」

㋐水気などがなくなること。また、そのぐあい。「油の切れがよくないフライ」
㋑付着していたものや残っていたものがなくなること。また、そのぐあい。「泡の切れのよい洗剤」「痰(たん)の切れをよくする薬」
目じりの切れ込みのぐあい。「切れの長い目」
石材の体積の単位。一切れは1尺立方で、約0.028立方メートル。
(「ぎれ」の形で)名詞の下に付き、そのものを使い切っている意を表す。「期限切れ」「在庫切れ
同類の中の末端の一人。はしくれ。
「望んで軍(いくさ)に立ってこそ男の―ともいふべけれ」〈浄・用明天王
[接尾]助数詞。
切ったものを数えるのに用いる。「たくあん一切れ」「ようかん二切れ
江戸時代、一分金を数えるのに用いる。
「白銀五百匁二包み、小判二十五両一歩合わせて四十―」〈浄・二枚絵草紙〉
[下接語]板切れ紙切れ半切れ一切れ棒切れ襤褸(ぼろ)切れ(ぎれ)当て切れ有り切れ歌切れ・裏切れ・恵比須(えびす)切れ木切れ錦(きん)切れ小切れ古(こ)切れ古代切れ古筆切れ細(こま)切れ時代切れ竹切れ裁ち切れ継ぎ切れ出切れ共切れ布切れ端(は)切れ古(ふる)切れ名物切れ寄せ切れ

ぎれ【切れ】

き(切)れ7」に同じ。「時間切れ」「種切れ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

切れの関連キーワード切り離れ・切離れ切っても切れないtime upちょん切れる刃引き・刃引千切れ千切れデッドリンク尻切れ草履尻切れ蜻蛉焼け切れるラグマット浮流機雷時間切れ襤褸切れ三字切れ縦鼻横目千切れ筆オンオフ髷結わい初句切れ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切れの関連情報