コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官軍 カングン

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぐん〔クワン‐〕【官軍】

朝廷・政府側の軍隊。「勝てば官軍

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

官軍

朝廷方の軍隊。朝敵との戦に際しては、その標として赤地に金銀の錦の御旗をいただいた。戊辰戦争においては、倒幕派が江戸に送った東征軍(徳川慶喜を朝敵とする)をこう呼ぶ。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぐん【官軍】

一般的に朝廷側の軍隊の意だが,狭義には戊辰戦争時の新政府側軍隊を指す。幕府側は〈賊軍〉とされた。1868年(明治1)鳥羽・伏見の戦後,征討大将軍に嘉彰親王が任命され,各地に鎮撫使が派遣された。さらに2月,東征大総督府が置かれ,大総督に有栖川宮熾仁(たるひと)親王が任命され,諸道総督府が設置された。ここに官軍は菊章旗(錦の御旗)を得,指揮体系もととのった。諸道総督府は,広範な軍令・軍政の権限を持ち,薩摩藩や長州藩などの実力者が参謀として加わり,戦局を指導した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぐん【官軍】

朝廷側・政府側の軍隊。 「勝てば-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

官軍の関連キーワード鹿児島県曽於市大隅町岩川熊本県玉名郡南関町関町新潟県柏崎市学校町有栖川宮熾仁親王とことんやれ節奥羽越列藩同盟五稜郭の戦い力は正義なり宮古湾海戦箱館湾海戦小栗上野介小笠原長行会津戦争ウィリス広瀬元恭土方歳三伊庭八郎上野戦争成川尚義箱館戦争

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官軍の関連情報