コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官軍 カングン

4件 の用語解説(官軍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぐん〔クワン‐〕【官軍】

朝廷・政府側の軍隊。「勝てば官軍

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

官軍

朝廷方の軍隊。朝敵との戦に際しては、その標として赤地に金銀の錦の御旗をいただいた。戊辰戦争においては、倒幕派が江戸に送った東征軍(徳川慶喜を朝敵とする)をこう呼ぶ。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぐん【官軍】

一般的に朝廷側の軍隊の意だが,狭義には戊辰戦争時の新政府側軍隊を指す。幕府側は〈賊軍〉とされた。1868年(明治1)鳥羽・伏見の戦後,征討大将軍嘉彰親王が任命され,各地に鎮撫使が派遣された。さらに2月,東征大総督府が置かれ,大総督に有栖川宮熾仁(たるひと)親王が任命され,諸道総督府が設置された。ここに官軍は菊章旗(錦の御旗)を得,指揮体系もととのった。諸道総督府は,広範な軍令・軍政の権限を持ち,薩摩藩や長州藩などの実力者が参謀として加わり,戦局を指導した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

官軍の関連情報