鏡を抜く(読み)かがみをぬく

精選版 日本国語大辞典「鏡を抜く」の解説

かがみ【鏡】 を 抜(ぬ)

祝いなどで酒宴のために酒樽の蓋を開く。鏡を割る。
※人情本・春色淀の曙(19C中)三「酒樽は鏡(カガミ)を抜(ヌ)き、殽(さかな)は其の日の有合(ありあひ)次第」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鏡を抜く」の解説

鏡(かがみ)を抜・く

《「鏡」は酒樽のふた。形が古鏡に似ていることから》祝宴などで、酒樽のふたを槌(つち)などで割り開くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android