コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古鏡 コキョウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐きょう〔‐キヤウ〕【古鏡】

古い。昔の鏡。特に、古代の金属製の鏡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

古鏡

山形県鶴岡市、木村屋が製造・販売する銘菓。北海道産小豆を原料にした餡に求肥もちを加えたもの。出羽三山のひとつ、羽黒山山頂の三神合祭殿前にある鏡池から多く出土した鏡をかたどっている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

こきょう【古鏡】

古い鏡。古代の鏡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古鏡の関連キーワード南郷(宮崎県北部の地名、旧町名)菖蒲塚古墳〈新潟県〉日本のおもな博物館山形県鶴岡市出羽三山神社画文帯神獣鏡若杉 鳥子水原秋桜子駒井 和愛大仙(市)唐宋伝奇集小林 行雄佐野 隆一佐野美術館駒井和愛梅原末治新田神社樋口隆康土佐神社直弧文鏡

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古鏡の関連情報