コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡像法 きょうぞうほう method of images

1件 の用語解説(鏡像法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鏡像法
きょうぞうほう
method of images

電荷のほかに平面板とか球など簡単な形の導体が存在する系の電場を求めるのに,この系を簡単な電荷だけが分布している別の系に置き換えて算出する方法。電像法ともいう。たとえば,平らな表面Sをもった無限に広がる導体と,Sから距離 a の点Aに点電荷 q とがあるときの電場は,導体を取去り,代りに面Sに対する鏡像点 B(AB=2a) に電荷 -q を考えたときの q と -q とがつくる電場に一致する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏡像法の関連キーワード桁橋真電荷電荷メタルフォーム単なる本蒔絵面板略譜電荷の法則電荷の保存則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone