コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑓ヶ岳(読み)ヤリガタケ

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(富山県)〕鑓ヶ岳(やりがだけ)


長野・富山県境、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)北部の後立山(うしろたてやま)連峰の一峰。標高2903m。北の白馬(しろうま)岳・杓子(しゃくし)岳とともに白馬三山の一つ。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に属し、東腹の白馬連山高山植物帯は国の特別天然記念物に指定。標高2050mの東側山腹にある白馬鑓(はくばやり)温泉は日本有数の高所温泉。白馬(しろうま)鑓ヶ岳とも。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鑓ヶ岳の言及

【白馬岳】より

…飛驒山脈北東部につらなる後立山(うしろたてやま)連峰の主峰。この山と南の杓子(しやくし)岳(2820m),鑓ヶ岳(やりがたけ)(2903m)を合わせて白馬三山という。標高は2933mで,飛驒山脈北部では立山,劔岳に次ぐ高峰。…

※「鑓ヶ岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android