コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾定景 ながお さだかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾定景 ながお-さだかげ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
治承(じしょう)4年(1180)石橋山の戦いでは大庭景親(おおば-かげちか)にしたがい平家方につく。源頼朝勝利ののち,三浦義澄にあずけられ,翌年ゆるされる。和田義盛追討の戦いで功をたて,承久(じょうきゅう)元年3代将軍源実朝(さねとも)を暗殺した公暁(くぎょう)を討ちとった。通称は新六。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長尾定景の関連キーワード佐奈田義忠岡崎義実鎌倉時代岡崎氏治承

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android