三浦義澄(読み)みうらよしずみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三浦義澄
みうらよしずみ

[生]大治2(1127)
[没]正治2(1200).1.23.
平安時代末期~鎌倉時代初期の武士。鎌倉幕府御家人。通称,矢部次郎。義明の次男。三浦介。源頼朝に仕え,治承4 (1180) 年頼朝の挙兵以来戦功を重ねた。元暦1 (84) 年源範頼の指揮下に鎌倉を発し,文治1 (85) 年壇ノ浦の平氏滅亡まで海陸で戦闘に従事した。同5年奥州藤原氏征討にも参加。相模国守護として,また大族三浦氏の首長として幕府内で重んじられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦義澄 みうら-よしずみ

1127-1200 平安後期-鎌倉時代の武将。
大治(だいじ)2年生まれ。三浦義明の次男。相模(さがみ)(神奈川県)三浦郡の住人。三浦介の称をつぐ。源頼朝の挙兵に初期からくわわり,壇ノ浦の戦い,奥州藤原攻めに活躍。幕府重臣の地位をしめ,頼朝の没後は宿老13人のひとりとなった。相模守護。正治(しょうじ)2年1月23日死去。74歳。幼名は荒次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦義澄

没年:正治2.1.23(1200.2.9)
生年:大治2(1127)
平安末・鎌倉初期の武士。相模国(神奈川県)出身。三浦義明の子。源義朝の家人として平治の乱(1159)に参加。その後は平家の軍事編成下に取り込まれ京都大番役などを務めていた。治承4(1180)年の源頼朝挙兵には計画段階から加わっていたが,石橋山の戦には間に合わず,平家方の軍勢と居城衣笠城で戦って敗れ,父の命で安房へと逃れて海上で頼朝と合流した。彼らが共に安房へ逃れたのは,三浦氏が三浦半島周辺の制海権と房総半島の一部の支配権を握っていたためと思われる。軍勢を立て直した頼朝が相模国府で行った勲功賞で,父の持っていた三浦介の地位を継承した。平家追討には源範頼の軍に加わり,壇の浦の戦では海戦能力を高く評価されて先登を命じられた。幕府の根拠地相模国の守護となり,幕府内での地位は非常に高いものであったが,なかでも建久3(1192)年に頼朝を征夷大将軍に補任する除書が鎌倉に到着した際,これを受け取る役に選ばれたことは特筆される。将軍頼家の親裁が停止されて始められた13人の宿老による合議制のメンバーのひとりともなった。<参考文献>『吾妻鏡

(高橋秀樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

みうらよしずみ【三浦義澄】

1127~1200) 鎌倉初期の武将。三浦介。義明の子。源頼朝の挙兵に父とともに応じ、各地に転戦して平家追討に功をたてた。開府以来の重臣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三浦義澄
みうらよしずみ
(1127―1200)

鎌倉初期の武将。義明(よしあき)の子。幼名荒次郎。三浦介(すけ)。相模(さがみ)国守護。1180年(治承4)畠山重忠(はたけやましげただ)・河越重頼(かわごえしげより)・江戸重長らに攻められて本拠地三浦の衣笠(きぬがさ)城(神奈川県横須賀市)が落城した後、父の命で安房(あわ)に渡り源頼朝(よりとも)をたすけた。84年(元暦1)源範頼(のりより)に従って平氏を追討し、壇(だん)ノ浦(うら)の戦いや奥州征伐などにも従軍して戦功をたてたのをはじめ、頼朝が征夷(せいい)大将軍となった92年(建久3)にはその除書(じしょ)(任命書)を鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)社頭で受ける大任を果たした。頼朝が三浦氏を厚く処遇したことが知れる。99年(正治1)訴訟の裁決に将軍頼家の直裁をとどめ合議制となったとき、宿老としてその一員に選ばれた。同年末には諸将とともに梶原景時(かじわらかげとき)を鎌倉から追放した。翌正治(しょうじ)2年1月23日没。[三浦勝男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android