長径(読み)ちょうけい

精選版 日本国語大辞典「長径」の解説

ちょう‐けい チャウ‥【長径】

〘名〙
※暦象新書(1798‐1802)上「田世は短径なり、亜胼は長径なり、芻は中心也」
② 隊列の長さ。
作戦要務令(1939)一「自衛を容易ならしむる為長径を短縮するを有利とすることあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android