コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作戦要務令 さくせんようむれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作戦要務令
さくせんようむれい

1938年に日本陸軍によって制定された部隊教育,戦闘諸原則について述べた命令。夜間戦闘と近接戦闘を重視した。4部に分れ第3,4部は 40年になって発布されたが,第4部だけは対ソ連軍戦闘法を述べていたために極秘扱いとされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さくせんようむ‐れい〔サクセンエウム‐〕【作戦要務令】

旧日本陸軍が昭和13年(1938)に作成した一般将校のための戦術指導書。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さくせんようむれい【作戦要務令】

旧日本軍において,陣中勤務と諸兵連合の戦闘に関し,訓練および戦時に準拠すべき事項を示したもの。1938年板垣征四郎陸相のとき,軍令陸19号として出された。内容は綱領,総則,戦闘序列軍隊区分,指揮および連絡,情報,警戒,行軍,通信,輸送,衛生,宣伝,秘密戦などにわたっている。〈必勝の信念〉〈軍紀〉〈独断〉〈攻撃精神〉の強調など,日本軍隊の建前が特徴的に示されている。【雨宮 昭一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

作戦要務令の関連キーワードマキノ雅広久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土ホロコーストカルネ

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android