コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作戦要務令 さくせんようむれい

3件 の用語解説(作戦要務令の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作戦要務令
さくせんようむれい

1938年に日本陸軍によって制定された部隊の教育,戦闘諸原則について述べた命令。夜間戦闘と近接戦闘を重視した。4部に分れ第3,4部は 40年になって発布されたが,第4部だけは対ソ連軍戦闘法を述べていたために極秘扱いとされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さくせんようむ‐れい〔サクセンエウム‐〕【作戦要務令】

旧日本陸軍が昭和13年(1938)に作成した一般将校のための戦術指導書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さくせんようむれい【作戦要務令】

旧日本軍において,陣中勤務と諸兵連合の戦闘に関し,訓練および戦時に準拠すべき事項を示したもの。1938年板垣征四郎陸相のとき,軍令陸19号として出された。内容は綱領,総則,戦闘序列軍隊区分,指揮および連絡,情報,警戒,行軍,通信,輸送,衛生,宣伝,秘密戦などにわたっている。〈必勝の信念〉〈軍紀〉〈独断〉〈攻撃精神〉の強調など,日本軍隊の建前が特徴的に示されている。【雨宮 昭一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

作戦要務令の関連キーワード回天機甲部隊電撃戦特科部隊白村江の戦い兵補恩賜タバコ惑星連合の戦士旧日本軍砲台レイテ島の戦い

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone