暦象新書(読み)れきしょうしんしょ

日本大百科全書(ニッポニカ)「暦象新書」の解説

暦象新書
れきしょうしんしょ

江戸時代の物理・天文学書。蘭学(らんがく)者志筑忠雄(しづきただお)が、イギリス人ジョン・ケール(1671―1721)のニュートン力学を解説した物理学書の蘭訳書を、自らの意見を加えて抄訳した書物で、上中下三編からなる。上編は1798年(寛政10)6月、中編は1800年(寛政12)10月、下編は1802年(享和2)10月に完成した。上編で志筑は天体の運行について述べているが、地動説を日本に紹介した初期の文献の一つで、本木良永(もときよしなが)が『太陽窮理了解説』で地動説を紹介してから7年後のことである。中編はニュートン力学の解説で万有引力にも及んでいる。下編は主として楕円(だえん)曲線について述べている。各編には附録があり、志筑の見解が述べられているが、とくに下編の最後に付せられている「混沌分判図説(こんとんぶんぱんずせつ)」は志筑の独創的見解を述べたもので、カント‐ラプラスの星雲説に比せられるものとして彼の名を高めたものである。

[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「暦象新書」の解説

暦象新書
れきしょうしんしょ

江戸時代の物理学,天文学の入門書。志筑忠雄訳述。3巻。享和2(1802)年成立。志筑がイギリスの物理学者,数学者のジョン・キール著『自然学入門(の物理学および真の天文学に対する入門書)』のオランダ語訳を抄訳し,自説を加えて,地動説や光の屈折などを紹介したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「暦象新書」の解説

暦象新書
れきしょうしんしょ

江戸後期,志筑 (しづき) 忠雄の天文物理の訳述書
1802年完成。3編。ニュートンの弟子ケイルの『真の物理学および真の天文学に対する入門書』のオランダ語訳本を抄訳し,ニュートンの力学やケプラーの地動説・星雲説を自説を交えながら展開した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「暦象新書」の解説

れきしょうしんしょ【暦象新書】

江戸後期の物理学,天文学に関する翻訳本。暦象とあるがの本ではない。イギリスのオックスフォード大学のケイルJohn Keill(1671‐1721)のラテン語著述を,オランダのルロフスJohan Lulofsがオランダ訳した《In leidinge tot de waare Natuuren Sterrekunde》(1741)を志筑忠雄が訳述したもの。上・中・下の3編からなり,1798年から1802年にかけてまとめられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android