長生不死(読み)ちょうせいふし

精選版 日本国語大辞典「長生不死」の解説

ちょうせい‐ふし チャウセイ‥【長生不死】

〘名〙 長生を保って死なないこと。不老不死。
※今昔(1120頃か)六「長生不死(ちゃうせいふし)の法、此に過たるは非じ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の長生不死の言及

【仙術】より

…馬王堆からは辟穀食気にかんする《却谷(穀)食気篇》も発見されている。漢の武帝や淮南王劉安のもとに集まった方士たちのなかには錬金術,練丹術を説くものがあり,それによって得られる金丹を服用すればやはり長生不死がかなうと信ぜられたのであった。 このように,漢代にはすでにさまざまの仙術が存在し,《漢書》芸文志には10家,205巻の神僊(仙)家の著作があげられている。…

※「長生不死」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android