コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長秀 ちょうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長秀 ちょうしゅう

?-? 唐(とう)(中国)の僧。
平安時代中期の天暦(てんりゃく)(947-957)のころ九州へ渡来。もともと医師で,近江(おうみ)(滋賀県)の梵釈(ぼんしゃく)寺にまねかれ,僧務をおこないながら医事もこなした。肉桂が薬としてつかえることをおしえ,医書朝廷に献じた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長秀の関連キーワード長野県北佐久郡御代田町草越堆朱楊成(6代)中条兵庫助小笠原政康三好三人衆村上頼勝市河頼房戸田勝成井沢蟠竜富田長繁三好政康相良頼福北畠材親丹羽長重四国征伐大塔合戦丹羽長秀村上義明竹田定加藤堂高吉

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長秀の関連情報