天暦(読み)テンリャク

世界大百科事典 第2版の解説

てんれき【天暦 Tiān lì】

中国で1852年から14年間,洪秀全太平天国の管轄地区で施行された暦法。1年を366日,1月を30日と31日とし,閏月を廃止して,朔望に関係なく各月のはじめに節気を,月のなかばに中気を置いた。干支紀年法によったが西暦と同じ曜日の配列を採用した。59年洪仁玕が太平新暦を作り,40年ごとに1月が28日よりなる幹年を置き,1年が平均365.25日となるように調整した。【橋本 敬造】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんりゃく【天暦】

年号(947.4.22~957.10.27)。天慶てんぎようの後、天徳の前。村上天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんりゃく【天暦】

日本の元号(年号)。平安時代の947年から957年まで、村上(むらかみ)天皇の代の元号。前元号は天慶(てんきょう)。次元号は天徳(てんとく)。947年(天慶10)4月22日改元。村上天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『論語(ろんご)』を出典とする命名。946年(天慶9)、朱雀(すざく)天皇の譲位をを受け、同母弟の村上天皇が即位した。引き続き、藤原忠平(ただひら)が関白太政大臣にとどまったが、村上天皇は摂政はおかず、親政を行った。しかし、一方で翌947年(天暦1)には忠平長男の藤原実頼(さねより)が左大臣、同次男の藤原師輔(もろすけ)が右大臣に就任し、藤原北家が太政官を独占して影響力を強めた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天暦の関連情報