コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉桂 ニッキ

3件 の用語解説(肉桂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にっ‐き〔ニク‐〕【肉×桂】

《「にっけい」の音変化》ニッケイの、主に樹皮を乾燥したもの。独特の香りと辛味があり、香味料などにする。

にっ‐けい〔ニク‐〕【肉×桂】

クスノキ科の常緑高木。葉は長楕円形で光沢がある。夏に淡黄色の花が咲き、果実は黒く熟す。中国・インドシナの原産で、日本には江戸時代に中国から渡来、暖地で栽培される。樹皮を漢方で桂皮・桂枝ともいい薬用に、また香味料に使う。にっき。
クスノキ科クスノキ属のニッケイ・シナモンカシアなどの総称。特有の芳香がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にっけい【肉桂】

中国南部、インドシナ半島産の東京トンキン肉桂のこと。古来、生薬として用いられる。カシア。
セイロンニッケイのこと。
クスノキ科の常緑高木。暖地で栽培、庭木ともする。葉は革質で狭卵形。夏、淡黄緑色の小花を開き、液果は楕円形で黒く熟す。インドシナ原産。江戸時代中国を経て渡来。根皮は辛く香味があって健胃・発汗などの薬用、菓子の香料に使う。
の根皮を乾燥したもの。香辛料・健胃薬とする。にっき。にっけ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の肉桂の言及

【カシア】より

…トンキンニッケイ(東京肉桂),ケイ(桂)ともいう。クスノキ科の常緑樹。…

※「肉桂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

肉桂の関連キーワード鹿子の木白だも姫椿ホルトの木雌蛭木山もがし安息香の木藪肉桂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肉桂の関連情報